bunny ハルカの追憶

2017/2/27 無力無善寺 ハルカ追悼ライブ 

開催に向けて彼の雄姿が収められた動画を特集します


総集編


バンドメンバーに襲い掛かるbunny

そしてトカゲにブチ切れられる (なぜかyayoiも巻き込まれる)


過去にyayoiから「乞食野朗!金を払え!!」と口汚く罵り金を脅し取ろうとした恐喝バンドとのタイバン・ライブ

自分より遥かに大きな相手を名指しで批判してステージから「乞食野朗!!」と叫ぶ彼の姿は圧巻だ


彼が愛した救済魔人yayoiのライブ




2017/2/27 ハルカ追悼ライブ
会場:高円寺 無力無善寺
開始19:30

無力無善寺 スケジュールはこれから こちらの方に移動します ここでtwitterやってます@muzenjiライブハウス あの世からカンパニ~呪符霊場無力無善寺  (スケジュール 無善寺日記 LIVE出演者募集 イベント企画募集 ミラクルピンク隊巡礼  アクセス リンク  掲示板)みれますエンター入り口 下の方も色々書いてあるので読んでね あワン http://mytown.asahi.com/tokyo/kikaku_itiran.asp i0/1朝日新聞にて  [中央線の詩]愛国の歌 絶唱する男 第4部 青春・高円寺 ライブハウス(Ⅰ) -------------------------------------------------------------------------------- 絶唱=JR高円寺駅界隈(かいわい)で  JR高円寺駅のすぐ近く。ガード直下の貸店舗の2階にそのライブハウスはある。名前は「無力無善寺むりょくむぜんじ」。わずか12坪の室内は暗く、倉庫のようだ。天井や壁にはハローキティやミッフィーのグッズ、日の丸、仏陀ぶっだの絵などが所狭しと飾られ、怪しげな雰囲気を醸している。  ある木曜の夜、「あったかめし」と銘打ったコンサートが開かれた。2番目に登場したのは男2人のバンド「大悲だいひ」。1人は丸坊主頭で、衣装はふんどし一丁。その男が朗読を始めた。  「60年前、若い命が海の底に散った。不条理の中で、特攻隊員として、極限の不安におびえながら。60年たった今、不景気の嵐が吹きまくる。弱い者は死ねと、能力のないものは死ねという。こんな腐った国のためにあなたたちは散ったのか」  男の芸名は「無善法師むぜんほうし」。52歳。ライブハウスの経営者だ。「法師」を名乗るが僧侶ではない。毎月開かれる「あったかめし」の時だけステージに立つ。  本当は音楽は得意じゃない。ギターで弾けるコードは二つだけ。この仕事も成り行きで始めたものだ。それでも、30人ほどの若者が歌に聴き入る。  朗読に続き「愛国の歌」が始まった。代表作である。エレキをかきならして男は絶叫する。  愛なんかない 愛なんかない ちまたにホームレスがあふれても ただ通り過ぎるオレ よみがえれ特攻隊員 零戦で撃ちまくれ 愛を忘れた日本人を 命をかけて守った日本を 撃ちまくれ 撃ちま

muzenji.o.oo7.jp

0コメント

  • 1000 / 1000